KRHK-mSATAX2/S7を使ってRaid0を組んでみた。

 
 やっと玄人志向から発売になったKRHK-MSATAX2/S7を購入した。

KRHK-MSATAX2/S7は、mSATA SSD×2を2.5インチSSDに変換するアダプタで

RAID機能にも対応しており、ディップスイッチでシングル/JBOD/RAID 0/RAID 1として

使用できる。

 バッファローダイレクト購入 パソコンSHOPアークで購入

今回は以下の環境で試してみた。

項目 部品名
マザーボード ASRock B85M-ITX
CPU Intel Pentium G3220  BOX (3.0GHz)
GPU 玄人志向 RD-R9-270-E2GB
メモリー
Corsair
CMZ8GX3M2A1866C9R (DDR3 PC3-15000 4GB 2枚組)
SSD PLEXTOR PX-128M5M+ [128GB]×2
OS Windows8 64bit
 

まず、PLEXTOR PX-128M5M+を二枚装着した状態である。



装着後にジャンパーピン1とジャンパーピン2の設定をすることでRaid0を構築できる。

まず、ジャンパーピン1の1-2、4-5をショートさせる。



次に、ジャンパーピン2をSET-GNDでショートさせる(Raid機能のON)。



これでRaid0が設定できる。Raid0の設定ができたらフォーマットして一度

シャットダウンしてジャンパーピン2をSET-NCに戻して再起動する。



これでRaid0の設定が完了する。

早速、ベンチマークを取ってみた。



PLEXTOR PX-128M5M+ 一枚装着

 ジャンパーピン2をSET-GNDでショートでのRaid0

ジャンパーピン2をSET-NCショートでのRaid0

PLEXTOR PX-128M5M+は最大読み取り540MB/s、最大書き込み320MB/s

なので、一枚装着でも読み込みの速さとしてはやや落ちる。

また、ジャンパーピン2を戻さないとさらに落ちる。

ジャンパーピン2を戻すことで一枚の状態と同じになる。

Raid0組と言うより二枚のmSATAを一枚のSSDにできる変換アダプタである。

Raid0を期待して買うとがっかりするかも。

KRHK-MSATAX2/S7の変換アダプタはRaid0以外にJBODもできるので

容量の違うmSATA SSDを1つのSSDで使う用途の方があっていると思う。

ちなみにJBODの設定方法も同じである。(以下が説明書の訳)

1)mSATA1 SSDとmSATA2 SSDを取り付ける。
2)J1 Raidジャンパーをあなたの望ましいモードにセットするか、Raidのモードにしてください。
3)J2ジャンパーをSET-GNDにセットしてください。
4)SATAホストとConnect22-ピンパソコンにつなぐ。
5)電源をオンにしてください。
6)デバイスマネージャでmSATA1/2のRaid設定をチェックします。
7)J2ジャンパーをSET-NCにセットしてください。Raid設定ができないようにします。

KRHK-mSATAX2/S7でmSATAを2種類使ってみた
 

最終更新日: 2014/02/17
 
人気マザーボードランキング

人気ビデオカードランキング


ASP310S3-128GM-C [128GB]

PX-128M5M+ [128GB]

PX-128M5M [128GB]