Pentium G3220にRADEON R9 270でフルHDを快適にする

 
 昨年末にHaswell版CeleronG1820が販売された、また今年の1月14日に

AMD A10-7850Kが販売され。管理人も何を買うか迷っていたが。

CeleronG1820は現在所有しているPentiumG3220と比較した場合、TPDは同じで

性能ではやや落ちるので今回購入はパス。次にA10-7850KであるがCPUとしては

Core i3 4130と同等で内蔵グラフィックスがRadeon R7である。これはR9シリーズの

下位シリーズである。CPUとGPUを一つにして販売するなら、せめて内蔵グラフィックスは

R9シリーズの260X相当を付けてほしかった。A10-7850KはGPUとCPUが同じメモリ

アドレス空間を共有することができる「hUMA」を搭載しているが、ソフトウェアが対応

しないと意味が無く、将来性で購入するのは貧乏くじと判断。

AMDではCore i5 4670k+Radeon R9 270Xの組み合わせより高速かほぼ同等だと

うたっているがハードの状況を見る限り?マークである。

そこで、今回はRadeon R9 270を購入しPentiumG3220と組み合わせて見た。

A10-7850K   Radeon R9 270 
 内蔵GPUコア  Radeon R7  Radeon R9
 Streaming Processor  512基  1,280基
 GPUコアクロック  720MHz  930MHz
 Mantle  ○   ○

Radeon R9 270を購入した理由はゲームで1980×1080のフルHD環境で使用した

場合A10-7850Kではやはり物足りと判断しからである。

測定環境は以下の環境で性能を計測した。

項目 部品名
マザーボード ASRock B85M-ITX
CPU Intel Pentium G3220  BOX (3.0GHz)
GPU 玄人志向 RD-R9-270-E2GB
メモリー
Corsair
CMZ8GX3M2A1866C9R (DDR3 PC3-15000 4GB 2枚組)
HDD ADATA SSD S510 120GB
OS Windows8 64bit
 

まず、CrystalMarkの結果では、グラフィックスの項目が劇的に改善されている

 インテルHDグラフィックス RD-R9-270-E2GB

バイオハザードベンチマークでも65.7fpsと激増している。

インテルHDグラフィックス RD-R9-270-E2GB 

ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア(新生FF14)」のベンチマークでも

グラフィックス性能差が向上して非常に快適になった。

インテルHDグラフィックス RD-R9-270-E2GB 

ドラゴンクエスト10でのベンチマークでもグラフィックス性能差がでている。

判定はやや重いからすごく快適になった。


インテルHDグラフィックス RD-R9-270-E2GB 

ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア(新生FF14)」のベンチマークで設定を

1920×1080のフルHDで最高品質で計測した場合も載せておく。

左がGeForce GTX 660 、右がRadeon R9 270でフルHD環境ではどちらも

同じ感じである。

 GTX660 RD-R9-270-E2GB

フレームレートも同じような感じである。フレームレートは60fpsを目安にしないと

満足な動作は望めない。

FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編

SCORE:7868
平均フレームレート:68.082
評価:非常に快適
非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定でお楽しみください。

画面サイズ: 1920x1080
FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編

SCORE:7709
平均フレームレート:65.403
評価:非常に快適
非常に快適に動作すると思われますお好みのグラフィック設定でお楽しみください。

画面サイズ: 1920x1080
 GTX660  RD-R9-270-E2GB

管理人お勧めのフルHDグラフィックスボードへ



最終更新日: 2014/01/19
 
人気マザーボードランキング

人気ビデオカードランキング


玄人志向
RD-R9-270-E2GB

Pentium G2030 BOX

Pentium G3220 BOX