Windows XpのSATA対応インストールCDを作る
事の発端は、「DOS/V パラダイス」のオリジナルノートパソコンPrime Note Critea DXのOS無しモデル買ったことがきっかけ

DOS/V パラダイスからノートパソコンが到着しXpのインストールでブルースクリーンで止まってしまったり

黒い画面にカーソルが出たまま先に進むことが出来ない。Windows7、Vista SP1はインストールが問題なくできるのに

Xp Sp1、Sp2、Sp3 Vista初期バージョンはインストールできない。色々、調べた結果、古いOSのインストールの

場合はF6キーでドライバーをインストールしてからでないとできないと判明。

しかし、最近のパソコンはFDがついてない物が普通になってきた。

そこで、XpでFDDを使わないでインストールできる方法を考えた次第です。(インストールDVDの作成)

さすがに、色々調べたりして今回は労力を使いました。

作成に必要なソフト

@ nLite (インストールCD作成ソフト)

A Windows Updates Downloader(ダウンロードソフト)

B Windows Xp CD(バージョンは何でよい)

必要なファイル 

@ Windows XPのサービスパックファイル SP1、SP2、SP3、(マイクロソフトからダウンロード)

A インストール目的のパソコンについてくるドライバーズファイル

作成手順

@ パッチのダウンロード

インストールCDを作成するわけですので、まずはパッチをダウンロードします。これは、「Windows Updates Downloader」

というソフトで行います。公式サイトはhttp://www.windowsupdatesdownloader.com/Default.aspxです。

 公式サイトの左メニューにある|Program Files|をクリックすると、ダウンロードサイトの「Download WUD250B1002Setup.exe

をクリックでダウンロードきます。

続けて、パッチのリストファイルをインストールするために、公式サイトの左メニューにある|Update Lists (ULs)]をクリックして

[language]のプルダウンメニューで[Japanese]を選択し、windows-xp-sp3-x86-enu.ulzファイルをダウンロードします。

これは日本語版Windows XPのパッチ用のリストファイルです。

ウィルスチェックをしてからインストールします。「Download WUD250B1002Setup.exe」をダブルクリックでインストール

できます。起動すると以下の画面がでます。そこでwindows-xp-sp3-x86-enu.ulzファイルをダブルクリックすると

Updata Listにリストファイルが入ります。
 


チェックボックスで、ダウンロードするパッチの種類が指定できます。ここでは、私の場合はWindows XpがSp2であったので

[Critical Updates][Service Packs]をチェックしました。また、右上の「Change」をクリックするとダウンロードする場所を

指定できます。必要な設定をして、右下の[Download]をクリックすると、ダウンロードが始まります。

ダウンロードが終了すると、ダウンロードの場所に[Critical Updates][Service Packs]フォルダーが作られいかに

ダウンロードファイルが入ります。

次のページへ

最終更新日: 2010/10/30
戻る
なるほどショッピングVol9番組への直リンク
 
【サンワダイレクト】ワケあり お手軽WEBカメラ
デル株式会社
ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp)