Windows XpのSATA対応インストールCDを作る
すべてを選択して登録する



私の場合は、BTOノートパソコンPrime Note Critea DXについていたドライバーCDのCipsetホルダー

の中の[all]ホルダー以下のファイルとビット・インテル® ラピッド・ストレージ・テクノロジー・ドライバー・ファイル

を登録し「次へ」をクリックします。





処理が完了したら「次へ」をクリックします。



できたインストレーションファイルからISOイメージを作成します。「ISO作成」ボタンをクリックして

保存場所を選択すると作成が開始されます。

ISOイメージが作成できたら、イメージ書き込み機能のあるCDライティングソフトでDVD-Rに

書き込んで完成です。

(XP標準のCD書き込み機能ではイメージ書き込みができないので注意)。

完成したCDでブートしてみると、無事、XPのインストーラがHDDを認識しブルー画面も無く

問題なくインストールできました。 あとは、デバイスドライバーの当たっていないドライバーを

付属のCDメディアがら丁寧にインストールすれば問題なく使えるようになります。

最近、友人からDosVパラダイスのKnight JSにXpのインストール頼まれたので

実際にインストールしてみました。付属のDVDのドライバーをnLiteで組み込んで

インストール用XpのDVDを作成すればインストールできました。

但し、SATAドライバーがAHCIに対応してないのでSATAの設定はIDE互換

でのインストールになります。

参考サイト

http://atiati7.blog71.fc2.com/blog-entry-530.html

http://inspiron1720.seesaa.net/article/70717257.html

http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/08/09/nlite.html

最終更新日: 2012/12/26
戻る
なるほどショッピングVol9番組への直リンク
 
【サンワダイレクト】ワケあり お手軽WEBカメラ
デル株式会社
ツートップインターネットショップ(twotop.co.jp)