Pentium G3258とGeForce GTX 660の組み合わせ

 
 今、話題のPentium G3258であるが、このCPUはクロック固定が解除されている

からで定額使用のCPUならPentium G3420 にした方が良い。

このCPUは格安ゲームPCなどに使われて話題になるが、Pentium G3258は

格安ゲームPCとして使いたいなら、オーバークロックの設定で使用しないと意味が無いと

管理人は思っている。(但し、オーバークロックは自己責任で行ってください)

 そこで管理人はPentium G3258をオーバークロックの設定で3.8GHzにして

GeForce GTX 660取り付けてベンチマークを計測してみました。

項目 部品名
マザーボード ASRock B85M-ITX
CPU Intel Pentium G3258  BOX (3.2GHz)
GPU GeForce GTX 660
メモリー
Corsair
CMZ8GX3M2A1866C9R (DDR3 PC3-15000 4GB 2枚組)
HDD Seagate ST500LM000 バルク[500GB 7mm](SSHD)
OS Windows8 64bit

まず、エクスペリエンスインデックスの結果から

 インテルHDグラフィックス GeForce GTX 660

エクスペリエンスインデックスの結果では、グラフィックスの項目が劇的に改善され

グラフィックの数値が7.9になりました。

 インテルHDグラフィックス GeForce GTX 660

CrystalMarkの結果でも、グラフィックスの評価が劇的に向上している。

バイオハザードベンチマークでも72.9fpsと激増している。

フレームレートが60fpsを超えるとゲームでは快適に使えるのでバイオハザードは

快適にプレイできる。

ここまで計測した結果では前回計測に使用したRADEON R9 270より少々低い

数値である。


インテルHDグラフィックス GeForce GTX 660 

ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア(新生FF14)」の初期設定ベンチマークでも

グラフィックス性能差が向上して非常に快適になった。

インテルHDグラフィックス GeForce GTX 660 

ドラゴンクエスト10でのベンチマークでもグラフィックス性能差がでている。

判定は普通からすごく快適になった。


インテルHDグラフィックス GeForce GTX 660 

ちなみに今回の初期ベンチマークは1280×720で取っているが、ファイナルファンタジー

XIV:新生エオルゼア(新生FF14)」のベンチマークで設定を1920×1080のフルHDの

最高品質で計測した場合も載せておく。



最高品質では40%ほど下がっても非常に快適の判定になった、フレームレートは

67.041であった。

1980×1080でフレームレートが60fpsを超えているのでゲームを行う上では

問題無いであろう。

FINAL FANTASY XIV: A Realm Reborn ベンチマーク キャラクター編

SCORE:7881
平均フレームレート:67.041
評価:非常に快適
-非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定でお楽しみください。

画面サイズ: 1920x1080
スクリーンモード設定: ウィンドウモード
グラフィック設定のプリセット: 最高品質
 GeForce GTX 660

それぞれのベンチマークの結果から、Pentium G3258のオーバークロックに

GeForce GTX 660を取り付けることで、このボードでもゲームを快適にできる

マシンに仕上がった。

但し、オーバークロックの設定での使用はメーカーが保証するもではありません。
また、管理人も保証はしませんので自己責任で行ってください。


Pentium G3258とGeForce GTX 760の組み合わせ

管理人お勧めのフルHDグラフィックスボードへ



最終更新日: 2014/07/27
 
人気マザーボードランキング

人気ビデオカードランキング


GeForce GTX 660 OC 2048MB GDDR5 (NE5X660S1049-1060F)


Pentium G3258 BOX

Corsair
CMZ8GX3M2A1866C9R